サマーシーズンの美肌対策は日焼け止めクリーム

気温が高い季節は秋・冬など気温の低い季節に比べて意外と肌のケアが面倒だなと思います。

気温の低い季節はとにかく保湿を徹底してケアをすればいいのですが、夏は湿度が高いため外に出ると皮脂が分泌されやすいのでTゾーンはテカリがちで気がつくと吹き出物が出たりします。

でも、屋内に入るとエアコンが効いているところが多いので空気が乾燥しています。なので、夏でも肌が乾燥するということが多いのでとてもややこしいのです。なので、季節によってスキンケアを変えるようにしています。

基本、乾燥肌なので秋から春にかけては水分も油分も補ってくれる一番付け心地の重いタイプの化粧液を付けています。もちろん、その前に化粧水はたっぷりめにつけます。

でも、夏は油分が少ないタイプを選んでいます。けれど、秋・冬同様水分はしっかりと補うように心がけています。それに、クレンジングや洗顔料は冬と違って皮脂を取り除いてくれるタイプのものを使用しています。

しっかりと汚れを落としてはくれるけれど、肌の潤いは逃さないことが大事だと思います。

夏はメークの崩れが気になります。少し外で過ごしたり、家の中で家事を頑張っていると汗だくになって午前中にはメークが崩れていることも度々あります。

対策としては、こまめに汗を拭いてその都度日焼け止めクリームを塗り直し、ファンデーションで抑えています。汗をそのままにしておくと肌に汚れがたまり、吹き出物の原因などになるので肌を清潔に保つよう心がけています。

日焼け止めクリームは必ず塗るようにしています。体の一部分ですが、うっかり日焼けを経験したことがあり色が元に戻るまで1年近くかかった経験があるので塗り忘れがないよう気をつけています。

紫外線というのは、晴れている日だけでなく雨や曇っている日でも気をつけなくてはダメです。日焼け止めクリームだけは欠かさないようにいつでも常備しています。

最近、帽子にサングラス、アームカバーや日傘姿の女性が増えているように思います。以前は私も帽子か日傘のみだったのですが、サングラスを併用するようにしています。

ただ、フルセットではなく、帽子とサングラスか日傘とサングラスに抑えています。何となく、すべてだと見た目スッキリしないので少しはファッションの部分も気を遣っています。

化粧品で毛穴の開きを治すには?