肌がくすんでみえる原因はうぶ毛にあり?

うぶ毛があると、肌がくすんで見える原因にもなるし、お化粧のノリ具合にも影響が出てきます。

自分でうぶ毛を処理する場合、最も簡単で安価な方法は剃刀を使って剃ることです。うぶ毛を剃ると、却って濃くなるという話も聞きますが、根拠のない話なので心配はありません。ただし、剃った後で、根元の毛が目立って濃く見えることがあるので、剃り方には注意が必要です。

うぶ毛を処理する場合は、メイクはしっかりと落として、必ず洗顔をします。すっぴんの場合も洗顔をして、顔に付いている汚れやホコリを落とす必要があります。

洗顔後は蒸しタオルを顔にのせ、1~2分肌を温めます。毛穴が開き、肌が柔らかくなることで、剃刀があたった際の肌への負担が和らぎます。

肌を温めた後は、乳液かクリームをたっぷり塗ります。何もつけずに剃るのは、肌を傷つける原因になるのでNGです。剃る際は、顔の中央から外側に向けるような感じで、うぶ毛の向きに沿って剃ります。うぶ毛に逆らって剃ると、剃り残しが目立つ原因となるので要注意です。

うぶ毛の処理がおわった後は、化粧水や乳液などの基礎化粧品でケアしてあげる事が重要です。保湿をとにかく忘れないようにしましょう。

うぶ毛を取り除いたことで、肌の角質も同時に除去できます。そうすると、肌が滑らかで触ってみるとツルツルとしているのを実感できるはずです。とはいえ、頻繁に剃るのも肌へ負担をかけるので、1~2週間に1度くらいの割合に抑えておく方がよいでしょう。

自宅で剃るのもよいですが、理容室でシェービングしてもらうのもおススメです。最近では女性シェービングをしている理容室も増えていて、フェイシャルマッサージや眉カットをしてくれるところもあります。理容師さんに処理してもらうと、小鼻のうぶ毛など、すみずみまでしっかりと綺麗になり、その後しばらくはお化粧のノリが違うことを実感できます。

また、最近では家庭用の脱毛器も種類が豊富で、美顔効果のあるものなど、様々な機能を備えたものが増えています。お値段も数千円のものから数万円のものまで幅広くなっているので、好みにあったものを見つけるのもよいと思います。